総量規制対象外でおすすめなカードローンは?

総量規制対象外でおすすめなカードローンというとどこになるのでしょうか。総量規制の導入により、個人の借入れ総額は年収の3分の1までに制限されてしまいました。総量規制対象外で利用するとなると銀行カードローンが一般的ですが、銀行カードローンのなかでもどういったポイントで選んだらいいのでしょうか。
まず、総量規制で消費者金融など貸金業者からは金額的に借りられなくなった方が申込むのだとすると、ある程度の借入れが既にある方、またはこれから高額な融資を希望する方が総量規制対象外のカードローンを希望しているのだと考えられます。そうなりますと既に借入れがある方でも審査が通りやすいところ、また高額な融資でも審査に通りやすいところ、また高額融資となりますとできるだけ金利が低いところというのがポイントになってくると思います。
既に借入れがある方でも審査に通りやすい、比較的銀行カードローンのなかでも審査に柔軟なところとなりますと、三菱東京UFJ銀行カードローンが挙げられるでしょう。口コミをみましてもダメ元で申込をして審査通過しているという方が少なくないようです。また高額な融資が可能でできるだけ金利が低いところというのであれば、オリックス銀行カードローンは利用者が比較的まとまった額の融資の方が多くなっており、また下限金利は3.0%とかなり低金利になっています。
また総量規制対象外のカードローンを利用したいという方には、専業主婦で消費者金融などからお金を借りられなくなってしまった、という方もいらっしゃると思います。そうした方には総量規制対象外の銀行カードローンのなかでも、数少ない専業主婦の利用が可能としているところを選ぶ必要がでてきます。
専業主婦の利用が可能としているのが三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、楽天銀行カードローン、イオン銀行カードローンなどです。三菱東京UFJ銀行カードローンとみずほ銀行カードローンは限度額30万円まで、楽天銀行カードローンとイオン銀行カードローンは50万円まで最高で融資が可能となっています。
銀行カードローンもそれぞれ得意とするサービスや商品内容が違っています。総量規制対象外ならどれでもいい!というのではなく、目的にあった選び方をするとより利用しやすいでしょう。

キャッシングのプロミスは三井住友グループの子会社

消費者金融は銀行の子会社となっていることは少なくありません。
過払い金の返還請求に応じている消費者金融は独自の資金だけでは経営に不安があり、次々と銀行の傘下に入っています。
しかし、銀行グループに入ったことでマイナスになることはありません。
プロミスは三井住友グループの完全子会社です。
銀行グループに入ったからといって総量規制の対象外になるということはありませんが、銀行との連携がよくとれている良い例です。
プロミスでは、三井住友銀行ローン契約機が利用でき、三井住友銀行ATMが利用手数料無料になります。
また三井住友銀行口座か同じグループにあるジャパンネット銀行口座があれば振込キャッシングやインターネット返済が24時間可能になります。